RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

12 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Gucci Mane「The State Vs. Radric Davis」
gucci_mane_tsvrd_cover-500x500.jpg

あのMTVの企画“Hottest MCs In The Game 2009”で堂々の第六位に選出された(第七位には因縁の相手Young Jeezyが選出)Gucci Mane、待望の通算二作目『The State Vs. Radric Davis』を御紹介。今や注目度No.1なMCといえばこのGucci Mane、Remixや客演に引っ張りだこで御座います。最近は苦しい経済状況もあってか、あまり新譜と新人をチェックしない日々が続いている訳ですが(知ると止まらなく欲しくなる)、そんな僕でもGucci Maneの活躍ぶりは知っていました。そのぐらいに最近のGucci Maneは話題の人、サウスからはT.I.がスターになり、Young Jeezyがスターになり、Rick Rossがスタートなり……Gucci Maneもこの街道まっしぐらな事は間違いなしでしょう。
そんな本作の内容も気合が入っておりますよ……タイトルの通りに荘厳なコーラスとピアノ旋律がクラシカルな響きの「Classical(Intro)」で幕開け、製作はDrumma Boyが担当。Shawty Red製作のゴースト系のシンセサイザー音がのたうち回る不穏でビートが効いた「Heavy」、サウスらしい上下してソワソワ浮ついた電子音がGucci Maneの斜に構えたサグいラップを引き立てます。これまた墓場ホラーチックに底辺を這うように揺れ動くダークなシンセ音が病みつき度高い「Stupid Wild」はBangladesh製作、客演にはLil WayneとCam'ronという強力な助っ人陣が参戦。Lil Wayneの相変わらずヘロヘロな爬虫類ラップも、Cam'ronのちょっとこもった男臭い硬派なラップも素晴らしく威勢が良い、しかしこの玄人二人に混じってもGucci Maneが全く喰われていないから天晴れ。「"All About The Money」ではカラフルにキラキラと輝きを放つ流線形のエレクトロチューンをDrumma Boyが提供、しかも客演には熊髭男のRick Rossが参戦。Gucci Maneの擦れたゆったりと間を取るラップに、Rick Rossのボスな低音ヴォイスが響く重た~い一曲でこれもグッド。「Lemonade」は再びBangladeshが製作を担当、シンプルにピアノ鍵盤をコツコツ叩く冷たく薄っぺらなメロディに、女性とも子供とも取れるコーラスフックがするっと入る不思議な一曲、やはり一癖も二癖もあるおかしな一曲。久々の登場の気がするScott Storch製作の「Bingo」は冴えていて、ビヨンと鳴る電子音に硬質なビートが絡むエッヂの効いたクール曲。客演にはSoulja Boy Tell' EmとWaka Flocka Flameが参加、Soulja Boyのあの大きく揺らすユリカゴラップはこうやって聴くと攻撃力抜群で驚き。「Spotlight」は驚き、なんとあのUsherが客演で参加しています、Usherを引っ張り出すなんてGucci Maneは末恐ろしい。Polow Da Don製作のじんわりをブライトする宵の明星な流麗エレクトロチューンも素晴らしく美しい、そこにUsherの艶やかで透明感のある歌声が凛と響き渡るんだからもう最高、マッタリとしかしズシリと重ためのGucci Maneのラップも走ってて聴き易く染み入ります。Zaytoven製作のシリアスに冷たく響く「I Think I'm in Love」は、歌フックをかます男性シンガーのJason Caesarのみずみずしい歌声と水滴のように冷たく光るナイスなスパイス。ブインブインと地響き鳴らして鳴る童話チックな重低音ビートがちょっぴりキュートで面白い「Bad Bad Bad」はFatboi製作曲、澄んだ綺麗なハイトーンヴォイスでリフレイン歌唱するKeyshia Coleの歌声も可愛くてドリーミー。Bobby Valentinoがその凛々しいクリアな歌声で清涼感たっぷりにフックを歌い上げる「Sex In Crazy Places」はFat Boi製作、Bobby Valentino以外にもNicki MinajとTrinaが参加。ピコピコと小さく跳ねる電子音が可愛くて思わず体が揺れる、Bobby Valentinoの淀みのない歌声が爽快に響き渡るサイダー曲。ちょっぴり久しぶりな気のするJazze Pha製作の「The Movie」はうん普通、Jazze Phaらしくもっとピーヒャラ鳴らした勢い良く飛んでる曲にしてほしかった。J.U.S.T.I.C.E. Leagueが製作の「Volume」も電子鍵盤がビャビャビャビャビャと鳴り続けて疾走する近未来曲、客演にはWooh Da Kidが参加。「Gingerbread Man」は南部の曲者Mannie Freshが製作、Mannie Freshらしいドカドカなビートが妙味の行進曲、客演にはこれまた最近は引っ張りだこのOJ Da Juiceman(要注目)が援護射撃しております。またまたFatboiが製作した「Wasted」では人気者のPliesが参加、あの甲高くちょっぴり歌うようなラップが耳に残りますね。スクリューっぽい連続フックに眩暈がしながらも、シリアスなメロディに酔いも醒める「Kush Is My Cologne」はDrumma Boy製作曲、Bun BにE-40にDevin the Dudeとかなり濃い面子が揃い踏みしたマイクリレーが聴き所。危険な香りプンプンの浮遊系シンセに乗っかりGucci Maneが花にかかった高めの声で舐める様にラップする「Worst Enemy」もDrumma Boyが製作、やはりなかなか中毒性が高いですね。最後にはLil WayneにJadakiss(!)にBirdmanが援護射撃に回った「Wasted(Remix)」も収録、やはりあの“ひゃっはーーー”で斬り込んで来るJadakissが一番光っているかと思います。

うん、やはり注目MCだけあって高水準品質の一枚だったと思います。ただコレといったキラーボムは無かったし、物凄く印象深いラインがあった訳でもなく(英語が分からない僕にとっては、そういう耳触りみたいなものが重要)、そういう意味では平坦な並びだった気がします(辛口)。Young Jeezyを引き合いに出すのは良くないと思うんですが、今のところYoung Jeezyの方が勝っている気がします、まぁずっと聴いているというのもあるのでしょうが(笑)。Gucci Maneのこの一枚をもっと聴き込むとまた印象がガラリと変わるかもですね、これからが楽しみなMCです(認)。

スポンサーサイト